So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

工房に新入り-45(旧シリーズ)・・・めずらしく大判板材がやってきた [木たちのこと]

我が工房へ仲間入りした、比較的新しい木たちを紹介
今回は珍しく、ガタイのいい新入り君が何名かやって来た

20180220_01.JPG

若かりし頃は、製材所へ通って大判板を漁っていたが
硬く重く魅力的な、何より血色のいいお子達は極めて成長が遅く
大判は稀少で高価なため、昨今購入は端材ベースのお子達が中心

20180220_02.JPG

種々瑕疵があるとは言え、ありえない価格で紹介されていたので
差し出がましく、孤児院の親心を持ってみ~んな引き取り
ご覧のように、木口丸出し、巻き段のみ下着姿の面々

20180220_03.JPG

ファスナーならぬ、PPバンドさえも取っておくのは、、、
昭和の年寄り?自分だけかもしれないなぁ。。。

20180220_04.JPG

裸ん坊になって集合写真、整列すればご覧のように
少なくも我が工房内では、強者のグループに配属

20180220_05.JPG

寸五六寸板のタモ君、「指物の雄」三寸尺五板のクワ氏
一面に縮緬杢が美しい、寸六九寸板のトチさん

20180220_07.JPG

ケヤキさんと並んで、邦国家具材の代表ミズナラ君は
共に二寸厚で、尺五板と尺九板の幅広でお目見え

20180220_08.JPG

この5名の中で学級委員は、、、やっぱり厚板のクワ氏かな
10センチ近い厚みは圧巻で、彫り物もできる!けどしないな。。。

20180220_09.JPG

とは言え端材扱いなんで、ご覧のように深めのモメにも似た
目通りに逆行する大きな割れ、とりあえずは樹脂で目止め補修

20180220_10.JPG

最後に単独でご来訪は、初めて購入の堅木屋さんから
1万本に1本と言われる、黒柿様の大板が仲間入り

20180220_11.JPG

カキノキ科ではない、中南米産のシャムガキにに代表される
貴重な孔雀杢は出ていないものの、この大きさの板材としては
自分が知る限り、、、どう高く見積もっても半値以下かな~

20180220_12.JPG

全ての面々は、現況使用途もなくとりあえずは
工房内の片隅に追いやられて、、、今も休眠中

・・・けど、いつかきっと大活躍させてあげる ♪


「にほんブログ村」の「木工」ランキングに参加しております
宜しければ、下記ボタンのクリックをお願いします


にほんブログ村

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
<お勧め関連記事>
マウスパッド販売色々・・・失策と喜び
http://koubou-tomo.blog.so-net.ne.jp/2011-08-12
珍しく宅用品製作と黒柿ログ・・・カーテン房掛けと石鹸置き
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
木の小物<特注品>
http://www.kouboutomo.jp/kouboutomo/tokutyu-index.html
木の小物の「駆け込み寺」、多岐にわたるご要望に応じます
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
工房とも<木の小物>
http://www.kouboutomo.jp/
木の小物・木のマウスパッド・木のペン立て・木のペンケース
木の靴ベラと靴ベラ立て・木の裁ち定規・木のフォトフレーム
木のティッシュケース・木のポケットティッシュケース
木の額縁・木のフェイスミラー・木の決裁箱・木のブロッター・・・
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
工房とも<ミンネ>
https://minne.com/@koubou-tomo
端材等を利用した、小物より小さな雑貨が中心です
+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

nice!(32)  コメント(3) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 32

コメント 3

middrinn

最後の一文、親心の発露であり、素敵な心意気ですね(^^)
by middrinn (2018-02-20 07:52) 

工房とも

みどりん様、いつもありがとうございます
実行が危うい事でも、「志」だけは高く持っていないと、、、
そうでなくとも、あらゆることへのモチベーションが
下がっているので、自分にムチを打っているだけのおっさんです

by 工房とも (2018-02-21 08:17) 

追いかけっ子

宝もの♪ですよねぇ(*^-^*)
言わせていただければ、魔法の手があってのもの。
それも先輩職人から盗んだ伝統の、、、ちょっと危ない?
危険とはいえずーっと受け継がれてきたものでしょうから
ある意味そのレベルに達しないと使えない技なのでしょうね。
ちなみに私の目には・・・テーブルの天板にしか見えません(^^;

介護の大波は津波のように押し寄せて来ますね。
はっと気がついたら飲み込まれてました。
残念ながら介護にはさほどの時間は避けないので
ここはありがたく介護サービスを多種多様に使わせていただく予定。
ただそこに至るまでにも関門はありますが。。

そんな最中ですがまた旅立ちの予定(^^;
でもある意味その間に介護の形を作れるので有りがたいかもしれません。
そんな娘は、、、お蔭さまで昨日も絶好調!!!です♪
by 追いかけっ子 (2018-02-27 12:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。